音楽

ULTRA JAPAN 2017 2日目!スリ&落とし物対策

こんにちは。キヨタカです。

ウルトラジャパン2日目。

僕が雨男なせいなのかは不明ですが、

見事に台風となりました。

関東に上陸しなかったのはラッキーでしたが、

1日中雨という結果に・・・。

 

でも事前にレインウェアを買っておいたんで、

お台場までは100円で買った傘をさして行き

現地ではレインウェアに身を包んでいました。

 

そしてそして、ウルトラも2日目となると

人がすごかったです。

あの雨の中、よくこんなに集まったな!

と思うくらい、人、人、人!って感じ。

去年に比べたら若い子が増えてる印象でしたね。

 

夕方頃に会場に向かったんですが、

それでも1日券の人たちが入り口に列を作っていて

びっくりしましたね。

僕は3日間券なので、入り口は再入場口となるので

結構サクっと入れましたよ。

混雑が苦手な人は3日間券がオススメです。

 

ちなみに2日目なんですが、雨が酷くて

写真らしい写真を1枚も撮る事ができませんでした。

なので1日目に撮った写真を紹介。

こちらがエントランス近く

ウルトラパークステージに設置されていた

モニュメント(?)。

 

そしてこちらがVVIP席。

ミネラルウォーターが6000円もするようです。

もうセレブ達の間ではこのVVIPシートをゲットするのが

一種のステータス化してるんでしょうね。

 

さてさて、タイトルにも書いた通り

今年も落とし物事件が発生しました。

僕が落とし物をしたのではなく、

フェス中、僕の足元に携帯が落ちていたんです。

でも先ほども書いた通り2日目は雨。

水たまりが至る所にできるレベルで降っていたので

当然ながら落ちていた携帯は水没していました。



拾ってあげようかな〜と手を伸ばそうとしたんですが

後ろから来た若者が手に取ったので僕は身を引く事に。

なにをするつもりかは分からなかったんですが、

その若者は携帯が水没してると分かった途端、

ポーン!

どこかに投げちゃいました(汗)

 

ごめんなさい、あまりに一瞬のことだったので

携帯を助けられませんでした・・・(汗)

 

本来、落し物を発見した際は

「インフォメーションセンター」

に持って行かなければならないそうです。

ちなみにその場所はというと、

再入場口の外。

一度会場から出なければならない場所でした。

 

一応、ウルトラの公式ホームページを見たら

忘れ物、落し物に関しては

「東京湾岸警察署」

にお問い合わせしてと書かれていました。

 

更に念の為警視庁のホームページにて

落し物の保管期間を調べたんですが、

落し物を受理してから「3ヶ月」との事でした。

落し物、忘れ物をされた方は

少しでも早く見つかるといいですね。

 

ウルトラジャパンは年々人が増えている気がします。

落し物はもちろんですが、

もう一つ気を付けなければならないのがスリ。

日本は平和だから大丈夫っしょ〜

と思うかもしれませんが、

最近はそんな穏やかな感じじゃない気がします。

特にメインステージの前方なんかだと

現金とかお財布ではなく、

アーティストグッズを取られた

なんて事件もあるみたいです。

 

お気に入りのアーティストグッズ等をスリや雨から

守るならばこちらがおすすめ。

携帯の他にもたっぷり入るので

お財布やメガネ、サングラスなども守れます。

 

また、例外として僕の妻みたいに、

フェスに財布なんて持って行かない!

現金とカードだけを持ち歩く派の方には

携帯の防水ケースにそのまま入れてしまうのが

オススメです。

あの落ちていた携帯もせめて

防水ケースとかに入れておけば

助かったかもしれないのに・・・。

なんて心残りがあるのですが、

以前、携帯の防水ケースについてブログを

書いているので良かったらそちらも

見てもらえると幸いです。

どっちが最強?iPhone 完全防水ケースCatalyst(カタリスト)とLifeploof(ライフプルーフ)を1年使い比べた感想

 

さてさて、肝心の2日目の感想ですが、

ハードウェル様最高。

その一言に尽きますね。

一応、大トリはチェインスモーカーズでしたが、

あまりに心地良すぎるメロディーで

大トリ感が僕的には感じられませんでした。

 

それからナイフパーティーも最高でしたね。

妻がペンデュラムファンなので

当然ながらナイフパーティーでも大喜び。

3日目にペンデュラムが出るので、

それを心待ちに、雨も酷くなって来たので

少しだけ早めに会場を後にしました。

 

2日目はこんな感じでしたね。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-音楽