音楽

ULTRA JAPAN 2017 1日目!感想&タトゥーシールの作り方

こんにちは。キヨタカです。

今年もウルトラジャパンに参戦してきました。

1日目は台風が接近している為どんよりお天気。

 

万が一に備えてポンチョタイプのカッパを

用意しておいたのですが大正解でした。

メンズ用でもだいぶオシャレなタイプが増えたので

選ぶのが楽しかったです。

 

夕方頃になり、パラパラ雨が降ってきたので

持参していたポンチョを着たんですが、

周りを見渡すとほとんどの方が100均とかで売られている

やっすいカッパを着ていました。

こういうビニールタイプって、正直なところ

あまりオススメできません。

なぜなら僕も昔買った事があるんですが

すーぐ破けますよ。

ほんと、「使い捨て」って感じなので

ほんの数時間しか着ない時や、

あまり雨の心配がない時など

「念の為」用なら良いかもしれませんね。

頻繁にフェスに参加される方だったり

アウトドアが好きな方は、本格的な

レインウェアを1着は持っていた方が良いと思います。

 

さてさて、前置きが長くなってしまったんですが

ここからが本題です。

ウルトラの会場内を見てると、結構な頻度で

「タトゥーシール」を貼られている方と遭遇しました。

よくサッカーの試合とかでも顔に国旗の

タトゥーシールを貼ってる人いるじゃないですか。

それのウルトラ版で、

ウルトラのロゴをタトゥーシールにして

顔とか腕に貼ってる人がたくさんいたんです。

 

もちろん僕も今年は貼っていくぞ!

と意気込んでいたんですが・・・

今回、ウルトラまでの仕事がかなり忙しく

制作してる時間は皆無。

泣く泣く諦めました・・・。

 

ちなみにイベントロゴだったり

アーティストのロゴだったりを

たまにネットで売ってる方を見かけるんですけど

すごくグレーゾーンっていうか

違法じゃないの?って僕は思います。

なのでネットでは買いませんでした。

そういうところでお金儲けする人って

なんだかなぁ〜

とも思うし、自分で作った方が絶対に安いので、

今回はあのタトゥーシールの作り方を

発表しちゃおうと思います。

 

用意するのはこちら。

・転写シート

・プリンター

・パソコン

携帯からでも作れるかな?

と思いますが、環境によりけりなので

今回はパソコンからという事にします。

 

デザインソフトが使える方なら説明不要で

サクサク作れると思いますが、

「ネットしか使えない」という方でも大丈夫。

 

それでは作り方です。

まず、タトゥーシールにしたいイベント名や、

ロゴ、自分の名前やアーティスト名など

お好きな絵柄を選びましょう。

ネットでたくさん確認できます。

 

↑で紹介した転写シートはA4サイズなので

結構大きめのロゴなども印刷できますが、

隣同士の絵柄がくっついてしまうと

カットするのが大変なので、盛り込みすぎには

気を付けましょう。

 

ちなみにシールを貼る際、絵柄が反転するので

予め絵柄は「反転」してからプリントしましょう。

プリンターの印刷設定で変更する事ができます。

 

あとは顔でも体でも好きなところに貼ったら完成。

フェスやイベントを思う存分楽しめちゃいます。

 

自分で作った方がコストもかからないんで手軽だし、

ウルトラに限らず、EDCとかエレクトロックスなど

違うイベントでも大活躍してくれること

間違いありませんよね。

 

あ、でもこの方法だと、

キラキラしたタトゥーシールを作成する事は

できないので、女性には物足りないかもしれませんね。

そういう時は市販のものと組み合わせて使っても

アリかな?と思います。

フラッシュタトゥーまたはシャイニングタトゥー

というようですが、男でつけてる方は

見かけませんでした(笑)

 

ざっと書いてしまいましたが、

ウルトラジャパン1日目の感想として

大トリのアレッソさんは圧巻でしたね。

EDMのくせにって言ったら語弊があるかもしれませんが、

サウンドが綺麗なんですよね。

オシャレだし。

それに何と言ってもイケメンじゃないですか。

そりゃ、女性はメロメロになって当然ですよねぇ。

いいなぁ。

 

おっと話が逸れてしまいましたが

1日目は結構あっさり終了した感じでした。

2日目についてはまた次回、

書いて行きたいと思います。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-音楽