住まい

100均材料でお札立てを手作りする前に知って欲しい事

こんにちは。キヨタカです。

今日はこちらのブログの続きとなります。

大宮氷川神社で厄除け!服装は?記念品に注意!

 

先日、厄年の妻が厄払いをして頂きました。

その際、記念品としてお札などを頂いたので

家に帰りお札コーナーに設置しようとした瞬間・・・

 

妻「そんな〜〜〜(泣)」

 

なんだか可哀想な展開になってしまいました。

というのは、

我が家のお札立ては僕のは市販で売られているこちら

かれこれ2年以上使ってますが

何も問題なくお札を飾れてます。

 



 

対して妻のお札立ては急遽用意する事になったので

家にあった木材と100円均一で購入した

「ウォールバー」というものをくっつけた簡易的なもの。

去年いただいたお札の時はコレで収まっていたので

何も問題なかったんですが・・・

今年、大宮の氷川神社にて頂いたお札を

設置しようとしたら・・・

この結果。

お分りいただけるでしょうか?

ウォールバーの溝(凹んでいる所)に

お札がハマってないんです。

 

念の為、僕の方の正解例がこちら

溝にお札がしっかり収まっていますよね。

 

氷川神社のお札の厚みを測ってみましたが

約1cmはありました。

この厚さでは僕のお札立てにも入らないので

やっぱり買い替えを検討する他ありません。

神社によってお札の種類も異なるでしょうから

やはり以前も紹介しましたが、

こちらのお札立てが有能だと思います。

厚み2.9cmまで対応できるとの事ですし、

お札の裏に両面テープを貼って落ちて来ないように

対策する必要もなし。

あ、もちろんもっとちゃんとしたタイプのものも

ありますよ。

ゴージャスな飾りがついたものとかね。

でも我が家ではそこまでこだわってないので・・・

上記のシンプルなタイプで十分かな?

なんて思ってます(汗)

 

今のところ、溝にはまらない妻のお札は

両面テープで固定されていますが

いつ落ちて来てもおかしくないので

早急に対策したいと思います。

 

お札立てを自作されようと思っている方がいましたら

どうか我が家の失敗例を参考にしてくださいね。

 

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-住まい