住まい

神棚がない+賃貸でも御神札を祀る方法

こんにちは。キヨタカです。

以前、熊手を購入し、

飾り方について散々悩み、何とか解決した話については

こちらのブログに書いた通りなんですが・・・

熊手の飾り方&固定の仕方

 

そういえば、「飾る」って言い回しじゃなくて

こういう手のものって、「祀(まつ)る」っていう方が

正解だったんでしょうか・・・?

いい歳して言葉を知らないって恥ずかしいですね(笑)

 

今日は熊手に引き続き、御神札(おふだ)の祀り方についてです。

 

僕は結婚するまで、お札などの類は

とりあえず家に置いておけばオーケーなんだとばかり思ってました。

だから毎年お札を頂いたら、棚の上に置きっ放し。

こんな感じでした。

実はこの棚、高さ30センチ程度。

そうです。目線よりも低い位置に置いていたんです。

 

妻に指摘されて初めて知ったんですが、

“お札は目線よりも高い位置に祀るもの”

なんだそうです(汗)

なんなら神棚がない事にも

物凄く文句を言われましたし、

何より何度も言われたのがこちら。

 

妻「お札に対してこんな罰当たりな扱いしてるから

出世出来ないんじゃん!」

 

そんな事はないんですけどね・・・

ちゃんと頑張ってお仕事してるんですけどね・・・

 

話が逸れましたね。

本題に入ります。

 

神棚がない+賃貸でもお札を祀る方法を色々調べた結果、

やはりタンスの上などにそのまま置いている人が大多数でした。

あいにく我が家に目線よりも高い家具はない為、それは不可能。

って事で、熊手の時と同様、壁に直接設置する事にしました!

 

その上で、設置方法を考えてみたんですが、

とあるサイトでは、透明ビニールにお札を入れて、

ビニール部分にピンを打つという方法でした。

これはあくまで個人的意見なんですけど、

極力ビニールは使いたくありません。

だったら神棚用意しなよって感じですけど、

まだ賃貸に住んでいるうちは神棚はちょっと・・・。

 

もう、ワガママ炸裂してしまってますが、

僕のこだわりを理解してくれてるな!

というものを見つけてしまいました。

「お神札立て」というものです。

こちらはネットで購入しました。

 

こちらに御神札を入れて壁に設置すれば

違和感ありませんし、見た目も良くないですか?

多分、神様的にも

ビニールプールに入るのか、ヒノキ風呂に入るのか

っていう位の違いを感じてくれると思います(笑)

 

こちらを壁に設置したら完了なんですが、

その様子はまた明日、

ブログに書きたいと思います。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-住まい