節約

期限迫る…。「さとふる」でふるさと納税に挑戦してみよう!

2017/01/24

こんにちは。キヨタカです。

“今年こそはふるさと納税に挑戦してみよう!”

と、奮起したものの…

寄付出来る自治体が多いのと、

「いいな!」と思っても、年末が近づくこの時期ですと、

どこもかしこも「品切れ」のオンパレード。

特に人気なのが、「1〜2万円前後」。

お礼の品の還元率が良い順から、

品切れが続出していました…。

せっかくだから全国の色んな自治体に納税して

たくさんお礼の品が届いたら良いのにな!

と思っていたんですけどね。

品切れだったのは残念でしたけど、

それで良かったかも知れません。

なぜなら、小額で多数の自治体に納税した場合、

お礼の品が届く時期に注意が必要だからです。

だいたい、どの自治体も月内から翌月にかけて

届く事がほとんど。

なのでもしも僕が全国の自治体にいっきに納税した場合、

お礼の品がいっきに来る事に…。

あ、冷蔵庫が大きいご家庭なら、どーんと高額納税して

どーんとお礼の品を頂く方法もアリだと思うんです。

しかし我が家の場合は、冷蔵庫がコンパクトサイズ…。

僕の独身時代から愛用しているものでして、

普段は1日分の食材だけでほぼ埋まってしまう状態なんです。

選ぶべきお礼の品を慎重に選ばないと、

冷蔵庫を買い直す事になるので…

余計に慎重になってしまって、

ふるさと納税デビューが遅れてる現状です。

今現在、僕の願いは…

「品切れだからと言って諦めたくない」

「冷蔵庫のキャパを気にしたくない」

めちゃんこ調べまくって、何とか解決出来そうな

方法が2つありましたよ。

【1.定期便を活用する!】

「年間◯回」と回数を定め、

特産品を小分けに送ってくれるシステムが「定期便」です。

色んなサイトを読みあさりましたが、どこも「毎月送ってくれる」

と書いてあるのが不思議でしたね。

毎月送ってくれるのは、かなり高額な納税が出来る人に限られました。

だいたい5万円程度の納税なら、年間に4回から5回程度でしたよ。

【2.ポイント制度を活用する!】

納税分を一時的にポイントに変換出来る制度です。

ふるさと納税を申し込めるポータルサイトにて行われており、

後でゆっくりお礼の品と交換出来るというメリットがありますよね。

ただしこの場合、自治体が限られてくる上、

有効期限が定められている場合があるので、しっかり調べた上で

活用した方が良いと思います。

あくまで我が家の場合、お礼の品を「食品」に限っているので

この2つの方法が良さそうだと思いましたが、

食品以外でも、商品券ならぬ「感謝券」というものや、

「家電類」という新手なものもありましたので、

そういうものを選択する手もあると思います。

我が家の場合は、もう時期も時期なんで、

1の定期便が有力候補ですね。

狙いはお肉と野菜かな。

また何かあったらブログに書きますね。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-節約
-