住まい

給湯器にエラーコード「502」管理会社に連絡した結果

2017/10/20

こんにちは。キヨタカです。

今日は前回書いた、

「お風呂が沸きました」と言ってくれなくなった自動給湯器の話

の続編となります。

 

先に書いておきますが、我が家の給湯器は

リンナイのもの。

賃貸住宅なので引っ越してきた時から

ついているものでした。

 

こちらを踏まえ、あれから進展があったので

書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


あれから、妻がお風呂に入ろうとした際、

給湯器のリモコン部分に

エラーコード「502」

が表示されていることを発見。

水垢だらけでお恥ずかしいですが

一応写真を撮っておきました。

 

これ、パッと見、

5時2分で時計が止まっているのかと

思いませんか?

この写真が送られて来た時、僕はスグに

気づけませんでした(笑)

 

でも落ち着いて考えてみると

おそらくこの表示はエラーコード。

すぐさまついて調べると・・・

【エラー502は湯はり関連のエラー】

ということが判明しました。

 

そりゃそうだ。

「お風呂が沸きました」

と知らせてくれませんからね。

 

一応、湯はりはできているんで

お湯が出ない・お風呂に入れない

というわけではありませんが、

なんだか居心地悪いそうなんで、

今日管理会社に連絡してみました。

 

その時聞かれたのは、現在の給湯器の症状。

僕が伝えたのは以下の通りです。

・エラーコード502が表示されている

・湯はりはできるが完了の合図がない

・湯はりが完了すると給湯器の電源が落ちる

・お湯は出る

とまぁ、こんな感じですね。

 

その結果、ガス会社の方から連絡いただけるようになり

すぐに電話がかかってきました。

その結果、やはり思った通りではありますが、

「直接点検をしてみないと・・・」

とのことでした。

最短で明日には来られるとの事だったので

来ていただく事になりました。

 

さて、我が家の給湯器は直るのかどうか・・・

結果はまたブログに書きたいと思います。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-住まい