住まい

カーテン上部の光漏れを防ぐ!段ボールだとコレくらいの検証結果でした

こんにちは。キヨタカです。

「寝室にカーテンレールカバーをつけて!」

と妻から注文を受けました。

なにそれ?

って感じだったんですが、調べてみると

遮光効果が上がったり、

冷暖房効果がアップしたり、

防音効果にもつながるとの事。

ふーん、なんか節約になりそうだし

良いんじゃない?と思い買おうとしたんですが

ちょいとお高めでした。

Amazonとか楽天ならまだお安いのが見つかるかも。

でも結論から先に書いちゃいますが、

「DIYとか絶対無理だしそんな時間ない!」

「見栄えを重視したい!」

という方は下手にDIYせず、サクッと買ってしまった方が

絶対に良いと思います。

 

なぜ結論を先に書いてしまったかというと、

今回僕は、カーテンレールカバー代を節約する為、

「自作しよう!」と思い

段ボールを使って試作を作ってみたからです。

もう少し試行錯誤すれば変わるかもしれませんが、

これからカーテンレールカバーを作ろうとしている方に

どれくらいの遮光効果があるのか参考になるよう

ビフォーアフターをお見せしたいと思います。

 

まずはこちらが我が家のカーテン上部から漏れる光。

これくらいなら良いじゃん。

と思うかもしれませんが、妻はこれが原因で

眠りが浅くなってしまうらしいです。

 

ちなみにレースカーテンを下げるレールには

遮光カーテンを下げて遮光効果をアップさせています。

遮光カーテン1枚だけじゃこんなに光漏れしていた

という事が伝わるでしょうか?

今のところ、カーテンの重さでカーテンレールが

悲鳴をあげる・・・

という事態にはなっていないので一安心です。

 

カーテン上部の光漏れ具合が伝わったところで

こちらが試作の為に用意した段ボールです。

カーテンレールの幅に合わせてカットしただけです。

 

こちらをカーテンレールの上にポンと置くだけで

どれくらいの光漏れ対策になるのか・・・

実験してみました。

その結果がコチラ

結構真っ暗かな?

と思いますが、所々光漏れしてるので

完全に真っ暗!というわけではないですが・・・

こんな感じでした。

 

一晩、試作の状態で妻に眠ってもらいましたが

「久しぶりにぐっすり眠れた〜」

と喜んでくれました。

でも・・・

「でも完全な暗闇じゃないよね」

とのご指摘が・・・!!!(汗)

 

まぁ、まだ試作の段階だし、

カーテンレールの段差部分などを考慮して

切ったり折ったりすればもう少し遮光性が

高まるかも?なんて思ってます。

でもDIYをするにあたって悩んでいるのが

DIYだとやっぱり既製品の見栄えには劣るんですよね。

安い材料だと耐久性も心配・・・。

なんて考えると不安要素が多すぎるので、今はもう

カーテンレールカバーを買おうか悩んでいます。

 

とりあえずしばらくの間はこの試作段階の状態で

過ごしてもらう事にして、次にクレームが来るまでに

買うか否かを悩もうと思います。

 

これからカーテン上部の光漏れ対策をしよう!

と考えている方に向け、

どれくらいの違いがあるのか少しでも

参考になれると幸いです。

 

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-住まい