旅行 日用品

「長岡まつり大花火大会」持って行って超絶便利だった持ち物リスト

2017/08/11

こんにちは。キヨタカです。

これまで色んな花火大会に足を運んできた上で

持って行くものは大体どこも同じ感じでした。

テーブル席以外ならレジャーシートを。

帰宅時足元を照らす懐中電灯。

もうわざわざ書き出さなくても誰もが

何となく思いつくものばかりかと思います。

 

しかしながら、今回長岡の花火大会に行った上で

「長岡の花火ならでは」の持ち物がある事に

気がつきました。

持って行って正解だったもの、

あった方が便利だったものなど、

実際に長岡の花火大会に行った経験を元に

幾つかリストアップしたいと思います。

 

【持って行って正解だったもの】

 

■変形ビーズクッション

クッションの中のビーズを移動させ、形を変える事で、

様々な使い方ができる優れものです。

バスの中ではネックピローとして。

花火会場では普通のクッションとして。

ひょっとしたら長岡の花火大会の為に

作られたのでは・・・?(笑)

と思ってしまうくらい便利なアイテムでした。

 

ネックピローと普通のクッションの

どちらも持って行くとなると結構な荷物に

なってしまいますが、

1つあるだけで何通りにも使えるクッションは

今後も何かと役立つ気がします。

 

【あった方が便利だったもの】

 

■ボトルキャリー

これ、絶対に買おうと思いました。

というのは、たとえフェニックス席といった

フラットな場所とはいえ、飲み物が絶対に

倒れないかといえば・・・違かったからです。

現地にて売られている飲み物はペットボトル、

または缶のどちらか。

当然、お酒は缶のみとなりますし、置き場所は

地面(レジャーシートの上)。

 

自分では注意してても周りの人は違うんですよね。

僕の後ろに座っていた方がまんまと倒したようで

僕のカバンが濡れてしまっていました。

一言声をかけてくれればよかったんですが、

若い子だったし仕方ないのかな(泣)

そこで怒ってはお互いに良い思い出にはならないと

思ったので、今回は許す事にしましたが、

これを教訓に、「僕は同じ失敗はしない」と

強く心に決めました。

あういう場では、絶対に周りの人に迷惑をかけぬよう

各自ボトルキャリーを持参しましょう。

 

■帽子

昼間から場所取りをする場合、

日差し対策が必要になってきます。

僕はタオルで代用できるかと思いましたが、

歩き回ったりする際もその格好はどうかと思ったので

荷物になるからと諦めずに

帽子を持って行けばよかったです。

↑こちらはメンズになりますが、

なんと折りたたみ可能なんだそうです。

こういうタイプなら荷物にならずに便利かもしれません。

 

■靴(スニーカー)

「あった方が便利だったもの」とは言わずに

サンダルではなく靴で行けば良かった・・

と思いました。

・・・というのは、

観覧席周辺は大丈夫だったんですが、

フェニックス席専用トイレへ向かう道は

雑草が生い茂ったままの状態になっていたからです。

僕はまれに雑草に触れるとアレルギーっぽい症状が

出てしまうんですが、今回サンダルで草をかき分け

歩くのは少々怖かったです。

もし同じような症状が出やすい方の中で

フェニックス席に座られる方はサンダルではなく

スニーカーで行かれる事をオススメします。

更に、長ズボンだと尚良いかもしれませんね。

 

一般的な「ペンライト」や「ラジオ」は

今や誰もが知ってるかと思ったので割愛しました。

他のサイトにも書かれていましたからね。

今回僕があげたリストは他のサイトでも

あまり書かれていない事なので、

良かったら参考にしてください。

 

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-旅行, 日用品