D・I・Y

材料費0円!ゴミ袋が見えないゴミ箱をDIY!

2018/01/29

こんにちは。キヨタカです。

妻と住み始めた当初から、

いえ初日からだったと思います。

あの頃は僕が1人暮らししていた頃のゴミ箱を

そのまま使い続けていたんですが、

クレームが来ました。

 

妻「ねぇ、ゴミ箱からゴミ袋が見えてるのって汚く見えない?」

 

・・・でました。

僕の妻あるあるなんですが、

変わったところで

妙なこだわりを発揮する時があるんです。

僕は生まれてこのかた1度たりともそのような事

気にした事ありません。

 

むしろ、ゴミ箱といえばその姿がデフォルト。

袋さえ設置せずにそのままゴミ箱に捨てても

気にしません。(笑)

でもそれだとゴミ箱が汚れちゃうんですって。

ゴミ箱は汚れるためにあるんじゃ・・・?

と思いましたが、口が裂けてもこんな事絶対に

言えません。

 

理想としては、こういうゴミ箱だと部屋の中が

スッキリして見えるし、何より

汚らしくならない!と言われました。

これはゴミ箱が二重になっていて

設置したゴミ袋の上からカバーができるタイプ。

こういうのが存在してるなら買っちゃえば?

と言ってみたところ・・・

お値段を見て僕はフリーズしました。

 



スポンサーリンク

 

という事で、今回は妻からのクレーム

「ゴミ箱のゴミ袋を見えなくする」

を目標に、いろいろ対策を考えた結果、

用意したのはこちら。

シリコンチューブです。

↑の画像はあくまで参考で、これじゃなくても

よくあるホースなどで代用できるかと思います。

 

我が家では、仕事で使い余っていたチューブが

あったのでそれを使う事に。

さてさて、DIYといってもやり方は簡単。

あとはこのチューブをゴミ箱の直径に合わせて

丸めるだけ。

固定は余ったホースの端をちょっと切って

縦方向に切り込みを入れてチューブに差し込めば

ジョイント代わりになりますよ。

 

もうこれだけで完了なので

画像を用意しなくても何となくわかりますよね(笑)

 

そしてこのチューブにゴミ袋のはみ出るところを

巻きつけるだけで、

簡単にゴミ袋が見えないゴミ箱の完成。

という事です。



スポンサーリンク

 

よくよく考えてみると、この方法は

「丸いゴミ箱」に限るのかな?

チューブだから柔らかいし

どんな形のゴミ箱でも対応しそうな気が

しなくもないけど・・・

でも試してないので絶対とは言えないですね。

ひとまず丸いゴミ箱では成功しました。

 

ひとまずこれで妻も納得してくれたので

何とか平穏な日々を送る事が出来たのですが・・・

やっぱり使っていくうちに色々と問題が発生しました。

それについてはまた次回、書きたいと思います。

 

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-D・I・Y