グルメ

接待やデートにも使える。西麻布にある「わだ家」に行って来た!

2017/01/24

こんにちは。キヨタカです。

妻を連れて西麻布にある「わだ家」に行って来ました。

 

わだ家と言えば、和田アキ子さんがプロデュースした和食店。

実は以前も、仕事関係の方に連れて行って頂いたんですが、

味よし、お店の雰囲気よし

だから、プライベートでも行きたいと思っていたんですよ。

 

このお店なら接待はもちろんなんですが、

デートでも掴みはOK。

というのはまず、店内に入る前からエンターテイメント性に

溢れており、入り口のドアノブからひと味違うからです。

なんとドアノブは、アッコさんの「手」。

聞くところによると、ご本人から型を取っているそうで、

正真正銘、本物アッコさんの手と同じサイズなんですが…

とりあえず、デカいです(笑)

もう、それだけでひと笑いとれるんで、

接待という妙な緊張感が漂う場面でも、

場が和むんでオススメです。

それからデートでもオススメしたいポイントは

店内の照明ですかね。

程よく薄暗いんで、何となく落ち着くし

妻曰く、間接照明一つで「良い女度」が

大きく変わるとか。

僕はそこまで計算した事なかったですが、

女性はこういう部分でも気をつかうんですかね。

 

さてさて、何はともあれ大事なのは料理のお味。

わだ家といえば「豚しゃぶ」って事で食べたんですが

これまでしゃぶしゃぶに抱いてる固定概念を覆されると

思った方が良いと思います。

しゃぶしゃぶといえば、ゴマだれとか、ポン酢とか

つけダレに絡ませて食べるものと思いますよね。

でもわだ家の場合、しゃぶしゃぶしたら

そのまま頂きます。

一応、薬味みたいのは用意されているんですけど、

あくまで薬味。

なくても十分頂けるお味でした。

その理由は、やっぱりお出汁に隠されてますよね。

スープの底に牛の「油かす」という

関西では割とメジャーな食材が沈んでたんですが、

たぶんこれが、良いお出汁になってるんでしょうね。

油かすを知らない妻には

「脂っこそう…」と言われましたが、何のその。

良い豚肉を使ってるから、さっぱりヘルシー系です。

事実、普段は他に箸休めの料理を注文しがちな妻でさえ、

豚しゃぶの虜になってましたからね(笑)

それからわだ家の素晴らしいところは料理ともう一つ。

妻が何より絶賛していたのが

「お手洗い」でした。

女性らしい視点ではありますけど、

どんなに料理が高級、絶品でも、

トイレが「並」じゃつまらない。

ホテルクラスのアメニティが充実してこそ、

本当の意味で完璧な店構え。

と、食事中にも関わらず熱く語るくらい

褒めちぎってました(笑)

 

だいぶご満悦だったんで、次回も近くまで遊びに

行った際には、食べに行きたいなぁ〜と思います。

そこまで高級店!って感じの価格じゃないんで、

少し贅沢して美味しいもの食べたいなぁ〜

って気分の日に予約される事をオススメします。

わだ家 東京西麻布店
わだ家 東京西麻布店
ジャンル:創作和食と豚しゃぶ
アクセス:地下鉄日比谷線六本木駅 1a出口 徒歩5分
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-20 Dear西麻布B1(地図
姉妹店:和食としゃぶしゃぶ わだ家 銀座店 | 和食としゃぶしゃぶ わだ家 大阪お初天神店
ネット予約:わだ家 東京西麻布店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 西麻布×しゃぶしゃぶ
情報掲載日:2016年11月30日

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-グルメ