日々の出来事

自宅で睡眠時無呼吸簡易検査をした感想&費用

こんにちは。キヨタカです。

昨日に引き続き、今日もいびき改善ブログです。

 

病院からお借りした、こちらの睡眠時無呼吸簡易検査キット。

一応、その場で装着方法なんかを説明してくれるんですが、すごく簡単でした。

 

検査っていうくらいだから、

鼻からチューブを入れたりするのかな・・・?

なんて勝手な妄想を膨らませて怯えていたんですが、何のその。

 

顔と手にチューブを貼り付けるだけ。

 

あとはスイッチオンしていつも通り寝るだけでした。

なので痛みも息苦しさも全く感じなかったですし、

寝苦しいという感じもなかったです。

一応検査キットの中に

説明書見たいのが入ってるんで、

病院で説明された事を万が一うる覚えでも

大丈夫なようになってました。

 

正直、こんな簡単な装置でいびきなんて測定出来てるの?

と思いましたが、病院からお借りしたマシンはなんと

顔に貼り付けたチューブが「呼吸センサー」

指に装着したチューブが「酸素濃度の測定」をしてくれているんだそう。

ハイテクですね(笑)

 

なぜ酸素濃度を測定するかというと、

呼吸が止まる→血液中の酸素濃度が低下

つまり、酸素濃度が低下していたら

「あなた呼吸止まってますよ」

っていう状態で、その頻度で無呼吸症候群の度合いを測るんでしょうね。

 

ちなみに気になる費用ですが、3割負担で

初診料合わせて3550円でした。

検査方式によって診療費は変わると思うんで、

あくまで僕の費用は目安って事にしてください。

 

思った以上に安くてびっくりしましたね。

僕はてっきり数万円かかるんだとばかり思って

銀行でおろして行ったのに拍子抜けでした。

これくらいの金額ならもっと早く検査受けておけば

よかったなぁ〜

なんて、自分の知識不足に笑っちゃいました。

 

検査は昨日と今日の2日分なんで、

今夜もチューブを装着して寝たいと思います。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-日々の出来事