ポケモンGO

アラフォーオヤジがポケモンGOプラスを1日使ってみた感想。

2017/01/21

こんにちは。キヨタカです。

自分へのちょっとしたご褒美として、

ちょいとお買い物してしまいました。

ジャーーン!

img_1557

ポケモンGOプラスです。

何歳になっても、こういうオモチャをゲットすると嬉しいものですよね。

ワクワクが止まらないまま、開封してみると・・・

はじめは本体にベルトではなくクリップが装着されていました。

僕はどうしても手首に巻きつけてみたかったので

取り替えようとしたんですが・・・

日曜大工で使うドライバーではネジは外せません。

精密ドライバーくらい小さなドライバーが必須だった為、

急遽家の中を探し回るはめに・・・。

 

何とか精密ドライバーを駆使し、クリップからベルトに交換完了。

装着してみました!

img_1554

・・・ダサいですね(笑)

でも、本格的にポケモントレーナーになった気分を味わえたんで、

これで良いんです。

「季節は冬。長袖さえ着ていれば、

ポケモンGOプラスを腕に装着している事はバレないだろう。」

こう考えた僕は、腕に装着したまま出かける事にしたんですが・・・

 

電車に乗り、吊革に捕まっていると、

“ブッブー ブッブー ブッブー・・・”

突如、僕の腕から鳴るのは軽快なバイブ音。

この機能自体はすごく便利なんですよ。

ポケストップを通過する際や、

ポケモンが出現した際に知らせてくれるんです。

だから携帯の画面を見なくても、

ポケストップを回せたり、ポケモンを捕まえられたりできるんですが、

それは手放しの状態ではできませんでした。

通知バイブが鳴ったら、

ポケモンGOプラスにあるボタンを押さない限り、

一定回数バイブが振動しっぱなし。

つまり、つり革に捕まり反対の手にカバンを持った状態では、操作不可能だったっんです。

おかげで僕は電車に揺られながら、

手首から謎のバイブ音を鳴らす変な人状態。

 

いや、違うんです。これはポケモンGOプラスなんです。

・・・なんて説明できませんし、

良い歳したオジさんが何してるんだって目で見られるに違いありません。

泣く泣く僕は次の駅で降り

ポケモンGOプラスを手首から外し、ポケットへ。

最初からクリップのままにしておけばよかったと

非常に後悔した結果に終わりました。

ちなみに、機能的な感想はというと、

基本的に強いポケモンはゲットできません。

なぜかというと、使えるボールが

モンスターボールに限られてしまうからです。

それに通知が来るたび、手当たり次第捕まえていたら、

ほんの数時間でモンスターボールが空になってしまいました。

スーパーボールだったり、ハイパーボールが使えるよう

改良してくれれば100点満点と言いたいところですが、

ここだけ、僕的に引っかかるところでしたね。

ただ、すごく助かったのは、

夕方やら、夜になり、疲れ目になってきた時に

携帯の画面を見なくて良いのはすごく助かりました。

だから僕より年上の方で、「老眼」の方なんかは

もっと助かるんじゃないんですかね。

意外と年配のポケモントレーナーが多いみたいなんで、

もしこのブログをご覧になっていましたら

オススメしたいです。

パソコン操作とかは不要なんで、

誰にでもすぐに使えると思いますよ。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-ポケモンGO
-, , ,