日々の出来事

CPAPの副作用を実体験した感想と対策

こんにちは。キヨタカです。

睡眠時無呼吸症候群でCPAP治療を開始し、

しばらくの間悩まされ続けていた「鼻血」。

こちらは先日ブログに書いたので、

よければご覧下さい。

CPAPを使用すると鼻血が出る原因と解決策を聞いてきました

 

よくよく考えてみれば、

鼻血って十分なCPAPの副作用ですよね。

出なければそれはそれで良かったんですが、

こうしてCPAPの良い面も悪い面も経験できて

ある意味良かったんじゃないかな?

って思います。

そうじゃなかったら他にイビキで悩んでいる

人がいた時に安易にCPAPをお勧めする事なんて

出来ないじゃないですか。

だからある意味、鼻血で済んで

ラッキーだったのかも(笑)

 

それでは早速今日の本題なんですが、

鼻血の解決策としてお医者さんに提案された

「加湿器」

が届き、実際に使ってみました。

その感想はというと・・・

 

「最初から標準装備にしておいてください」

 

って感じですね。

あるのとないのじゃ大違い。

グッスリ眠れる度合いまでガラっと変わりましたよ。

 

それにこれは妻に指摘されたんですが、

寝ている時に口から漏れる空気が減った

との事でした。

 

どういう事かというと・・・

僕の場合、CPAPを装着している際、

どうしても口から空気が漏れてしまいがちなんだそう。

(本当は口を閉じて寝なければいけないようです)

ところが加湿器が加わった事で、

空気漏れがやや軽減したとのことです。

 

うーん・・

寝てる本人からしたらよくわかりませんが、

結果オーライって感じ?かな?(笑)

 

とりあえず、今はまだCPAP療法を始めたばかりで

分からない事もたくさんありますが、

何かあったらすぐにでも対処して

快眠ライフを楽しみたいと思います。

 

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ

こちらもどうぞ



-日々の出来事