D・I・Y

御神札たてを使ってお札を祀ってみました

こんにちは。キヨタカです。

昨日のブログで紹介したこちら

こちらを使って、実際にお札を祀ってみたので、

もしよかったら参考までにご覧ください。

 

まず、届いた時はこんな感じ。

販売店によって梱包は様々かと思いますが、

木が割れたりしないようにしっかり梱包されていました。

 

サイズは8cm×3cm×35cm

ご自宅の設置箇所に合うサイズかどうか、

事前に確認して置いた方がトラブルがないと思います。

 

我が家ではお札は1つしか頂いてないんで

できるだけシンプルでコンパクトサイズが希望だったんで

ちょうど良いサイズ感のこちらを選びました。

 

さて、実際に設置する際なんですが、

フックなどは同封されてないんで、

以前、熊手を祀る際に使用したこちら↓

こちらの余りを再利用する事にしました。

 

これを買った後に判明したんですが、

3Mから「粘着フック」というものが出ているらしいです。

 

必要なときにテープの耳を引っ張れば壁に傷を残さずに

剥がれるという代物なんだそうです。

そっちの方が賃貸向けだと思いますが、

先にこっちを買ってしまったんで、

勿体無いから使う事に。

 

それでは設置手順です。

【1】お札たてを設置したい場所にピンを固定します。

【2】お札立てをセット

【3】お札を設置。

 

とまぁ、簡単すぎる説明になってしまいましたが、

こんな感じで我が家では御神札を祀れましたー!

 

あ、ちなみに祀る方位ですが、

“字の書いてある面を南向き、または東向き”

が正解だそうです。

 

ただし、その向かいに水場が来ないようにするように

した方が良いんだそう。

例えば、トイレ、キッチンのシンク、お風呂などですね。

 

事前にこれらを確認しておいたんで

我が家ではバッチリです。

良かったら参考にしてくださいね。

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-D・I・Y