日々の出来事

妻が風邪をひいた時の夫の行動マニュアル

2017/01/21

こんにちは。キヨタカです。

ULTRA JAPAN最終日にて、雨の中

遊びまくった妻が風邪でダウンしました。

念入りに雨具まで用意して行ったけれど

遊びに夢中で着るタイミングが遅れたんだそうです。

当然っちゃ当然ですが、理由は何より

女性が弱ってる時こそ、男の出番。

しかしながら、

一体何をしたら良いんだ?

っていうのが本音ですよね。

tsuruno35_tp_v

女性はよく男に「察してよ」と言いますが

基本的に男は察せません。(スミマセン)

だからこそ、世の女性達は風邪でも他の病気でも

頑張ってしまうのかも知れません。

でも僕の妻は一切無理しませんよ。

“体調崩した部下が出勤してきても、

仕事にならないでしょ。

周りに迷惑がかかる前に、さっさと休む。

これが1番”

…だそうです。

さて、仕事を休むとなれば、一般的には何をしますか?

そうです。「引き継ぎ」です。

先にも書きましたが、男は察せない生き物。

だからこそ、こういう時にされた事、

かけられた言葉を女性は根に持つのでは…?

と思います。

その上で必要とされる引き継ぎは、

一種のコミュニケーションにもなるし

行き違いやミスを回避する策に繋がると思うんで、

男女共にオススメですよ。

とりあえず家に風邪薬がなかったんで、

ドラッグストアに向かっていると、妻からラインが来ました。

そこに書いてあったのは・・・

・鍋焼きうどん
・またはコンロで温めるお鍋
・上質なティッシュ
・明日の朝食べるもの

我が家の引き継ぎは、主に買い物です。

リストは必要最低限しか書かれてませんが、

ここからが腕の見せ所ですよ。

とりあえず、買い物リストに書かれているものは

出来るだけ完璧に近づけるように用意します。

まだ今の時期に鍋焼きうどんなんて売ってるのか…?

と心配しましたが、何とか見つかりました。

そしてそして…

リストには書かれていませんでしたが、

お買い物ついでに忘れてはならないのは

「甘味」。

妻は今を生き抜くことですっかり忘れて

しまっていたのかも知れませんが、

男ならこれくらい気をまわせますよね。

特に熱がある時はアイスとか冷たいものが喜ばれます。

ちなみに僕が用意したのはコチラ。

 

img_1397

CMが流れる度にアピールが凄かったんで、

買うなら今しかない!という事で用意しました。

僕ならフルーツ入りのヨーグルトとか、

ゼリーが嬉しいんですが、

いかんせん妻はフルーツアレルギー。

ゼリーも「食感が嫌!」の一点張りなんで…

甘味はその人が普段好き好むものに近づけた方が

良いかも知れませんね。

そして引き継ぐ側も、何でもかんでも

わがままを書けば良いってものじゃありません。

妻の例でもお分かりの通り、

食べるものは包丁もまな板も使わずに出来るもの。

かつ、レトルトさがなく、一般的な食事に近いものを

選んでくれました。

それなら、さすがに僕でもコンロに火くらい

つけられるし、鍋焼きうどんなら

普段の食事と大差なく食べる事が出来るから。

たぶん、妻なりの気遣いなんだと思います。

今日は看病マニュアルの第一弾として

「引き継ぎ」の大切さ。

そして買い物リストについて書きましたが、

明日は「かけてあげる言葉」について

ブログにしようと思います。

そこもマニュアルなんですか!?

と思われるかも知れませんが、

こういう時だからこそ、かけてあげる言葉って

慎重に選ぶべきだと僕は思うんです。

病は気からって言葉があるように、

気分よく過ごしてもらった方が

早く元気になって貰えるかもしれないじゃないですか。

それでまた楽しい生活が送れたら、ハッピーだし

看病して良かったと達成感を感じられますよね。

って事で明日は、

寝込んだ妻にかけてあげる言葉マニュアル

を書こうと思います。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-日々の出来事
-