iphone

完全防水ケースCatalyst(カタリスト)とLifeploof(ライフプルーフ)を2年使った最終比較

こんにちは。キヨタカです。

以前もiPhoneケースについて書いたんですが

あれから1年が経過しました。

もしiPhoneの完全防水ケースを検討されているなら

よければこちらのブログからご覧ください。

どっちが最強?iPhone 完全防水ケースCatalyst(カタリスト)とLifeploof(ライフプルーフ)を1年使い比べた感想

 

あれから1年、何度携帯を落下させた事か。

でも耐衝撃ケースだったおかげもあり

無傷のまま過ごす事が出来ました。

 

そしてこの度、携帯をiPhoneXに機種変し、

ケースも新調したんですが

改めて元の自分のケースを見直した際

どんなに優秀だったのか、そして

どれだけ劣化してしまったのかを

改めて痛感しました。

 

なので今日は僕と妻が2年間使い倒したケース

Catalyst(カタリスト)とLifeploof(ライフプルーフ)

に敬意を表する意味も込めつつ

最終比較をしたいと思います。



まずは妻が愛用していたカタリスト。

新品の状態がこちらです。

2年が経過し、このような姿になりました。

画面に多少の傷はありますが、操作上問題はなく

普通に使えていたとの事です。

そしてこちらが裏面。

何度も落としたりしていましたが、ヒビや

割れなどなく、非常に綺麗な状態でした。

目立った劣化といえば、音量ボタンのこちら。

これだけ。

2年使ってこれしか劣化しなかったのは

ちょっと悔しいですね。



ではではお待たせしました。

僕が愛用していたライフプルーフの登場です。

まずは新品の状態があった方が良いですよね。

こちらです。

2年が経過し、こうなりました。

あぁ恥ずかしい。

なぜこうなってしまったのか自分でもわかりません。

ライフプルーフさん、ごめんなさい

悪気はなかったんです

大事に使ってきたんです

だけどボロくなっちゃいました(泣)

 

唯一綺麗なままなのは、背面

なんですが・・・横から見ると

膨らんでるのがわかりますかね?

 

この症状はだいぶ前からだったんですが、

使っていくうちにこの膨らみがどんどん大きくなって

結果、フカフカな背面に進化しました(笑)

これは予想なんですが、ライフプルーフは

 

フルカバーな上、背面の素材が柔らかめ。

よって携帯から放出される熱でやられちゃったのかな

なんて思いました。

でも操作性に問題はなかったのでヨシとしていたんですが

問題が発生しました。

 

ある日突然、角の部分に違和感が。

よく見てみるとこうなってました・・・

あ・・空いてる?

欠けてる?

よくわかりませんが、負傷したターミネーター状態。

中身丸見え状態になっちゃいました。

 

それでも中身であるiPhoneは無事だったので

何とか使い続けてこられたので

ライフプルーフ様様でしたよ、ほんと。

多分、このケースがなかったら僕のiPhoneは

今頃天国にいたんだろうな、と思います。

 

機能性では圧倒的にカタリストの方が優れているけれど

価格で言ったら断然ライフプルーフ。

どちらを選ぶかは個人の自由なのであくまで

参考になれば幸いです。

 

今日はこのへんで。

それではまた!

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-iphone