住まい 日々の出来事

給湯器にエラーコード「502」修理までにかかる時間と費用について

2017/10/20

こんにちは。キヨタカです。

今日は「我が家の壊れた給湯器」

の続編の続編の続編。

最終章となります。

 

スポンサーリンク



 

あれから管理会社から連絡があり、

「対象となる部品が見つかり次第、修理に伺います」

とのことでした。

それから3日間くらい待ち・・・

やっと連絡がありました。

修理の際、家の中にあるリモコンも交換するようで、

「立会い必須」とのこと。

我が家の場合、妻がいてくれるので

いつでも大丈夫でしたけど、

1人暮らしの場合は仕事もありますから

これまたすぐには修理してもらえない可能性が

考えられますよね。

 

あくまで我が家の場合ですが、

管理会社にエラーコードが出ていると電話をしてから

実際に修理に来てもらうまでにかかった時間は

「1週間」くらいかと思います。

 

まだお湯は使えていたので助かりましたが

もしお湯が使えなかった場合の事を思うと、

連日の銭湯代も馬鹿にならないな・・・

って感じですよね。

 

ちなみに修理は部品交換と思いきや、

どうやら給湯器の全取り換え?になったようです。

もう製造してないもののようで、

リモコンから何まで交換しなければならない

感じだったようです。

ちなみに修理?交換?にかかった時間ですが

約2時間でした。

 

給湯器のビフォー写真がないので、

リモコンのみですがビフォーアフター写真を

載せておきますね。

ビフォーがこちら。

水垢だらけの非常に恥ずかしいやつです。

それがこちらになりました。

 

なんかカッコよくなった!

しかもカビが気になっていたシリコン部分が

新しくなったので、しばらくカビ退治しなくて

済んだ事が何よりありがたいです(笑)

 

さてさて、気になる修理費用ですが、

我が家は賃貸物件。

給湯器の修理は貸し主負担になります。

という事で、修理当日は給湯器屋さんに

修理費用をお支払いする事なく終了しました。

 

やっと我が家の壊れた給湯器問題が

解決して良かったですよ。

久しぶりに

「お風呂が沸きました」

のアナウンスが聞けるのかと思うと、

普段シャワー派の僕ではありますが

少しだけお風呂の時間が楽しみになっています。

今夜は久しぶりに湯船に入っちゃおうかな〜。

 

という事で今日はこのへんで。

それではまた!

 

 

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-住まい, 日々の出来事