免許

30代主婦。運転免許に挑戦します!

2017/01/24

こんにちは。キヨタカです。

ポストを確認すると、妻宛の封筒が入ってました。

表拍子には「自動車教習所」と書かれており

僕は目が点。

妻「私は助手席専門だから」

妻「都内だと車って必要なかったから」

妻「一生私の運転手でいてくれるでしょ?」

こんな発言を連発していた妻は

当然ながら免許を持っていません。

もちろん、バイクの免許も持っていません。

しかし、ついに…ついにです!

教習所の資料を請求したという事は、

免許をとる事を決意した様子です!

僕はこれまでずっと憧れていました。

交互に運転を代わりながらの長距離移動を。

渋滞中、ナビをTVに変えて暇な時間をやり過ごす事を。

ドライブスルーで買ったものを、温かいうちに助手席で食べる事を。

どれも叶わなかったのは、妻が免許を持っていないから。

それが不満だったとは言いませんが、

出来る事ならやってみたかったのは本音です。

夢が叶うのか…!と思ったら、

天にも昇る気分なんですが、

当の本人は不安な様子。

妻「30歳過ぎて本当に免許とれるかな?」

妻「運動神経がゼロなのは良く知ってるでしょ!?」

妻「教習車で事故ったらどうしよう…」

妻「ミニスカートで行ったら判子押してもらえるんだっけ」

最後のはよく分からないんですが、本人は至って本気。

主婦が色仕掛けしようとしてます…(泣)

それだけは何とか阻止したいと思いますが、

30代だからとか、運動神経が無いからとかは、

運転するにあたって、あんまり関係ないですよね。

免許をとってから10年以上経過してる僕に言わせれば、

運転は「感覚」。

何度も何度も運転して慣れて行くと、

もう当たり前に運転出来るようになって行くんで、

30代だからとか、40代だからとか、

年齢は関係ないと思います。

それに、僕の車なら何度ぶつけても良いんで、

とにかく練習あるのみ!って事で

免許を取ったあかつきには、助手席に乗って

先輩風を吹かせようと思います。

そういう事は普段怖くて出来ないんで

それはそれで楽しみが増えるかも…!(笑)

「免許取得」という新しい目標に燃える妻を

温かい目で見守ろうと思います。

それではまた!

免許合宿ライブ ランキング

関連コンテンツ(広告あり)

こちらもどうぞ



-免許